シルバーネット川柳傑作選 孫へ

『シルバー川柳 孫へ』 近代文藝社

シルバー川柳孫へ 17文字に織り込まれた涙と笑いあふれる人生劇場!

17文字に織り込まれた
涙と笑いあふれる人生劇場!

テレビや雑誌でも絶賛されました。

収録数852句。価格1,028円(税込)

アマゾンで購入できます。

泣ける笑えるシルバー川柳 ホームページ版


第1章 【現役バリバリ!】

高齢者 乳房チラリに 若返る          菊地昭治71

豊胸に 若きインターン 赤くなり        阿部愛子68

通院に シャネルのコロン 耳のうら       海老名一江69

頑固でも ピンク話に 笑顔見せ         庄子義男 69

妖艶な 肌にひかれて 身を崩し         佐藤春男 76

エレベーター 止めるな隣に いい女       弓田利男

古希迎え 人生波乱 期待する          海老名一江70

老いの恋 好きだと言はず 目が語る       庄子義男70

安売りに 走る元気は 別にある         伊勢武子 

若返り プラトニックの 恋をする        手塚 廣77

混浴に セガレ立ちすぎ 上がられず       津久家重吉92

第2章【戦中派の詩】

シベリアで 寿司を夢見た 青春期        高沢照夫71

最グルメ 復員上陸 握り飯           藤島勇雄76

赤紙が 我が青春を 異国の地          手塚廣76

自分史の 裏に聞こえる 銃の音         板橋幸広76

じいちゃんも 発砲したかと 孫がきき      藤島勇雄76

思い出は 俺の初恋 挺身隊           早坂鬼六

露天風呂 老の背中に 戦さ傷          早坂喜六73

玉砕の 覚悟は遠く 健康茶           東海四四二 84

老兵の 端唄いつしか 軍歌なり         相原勝美75

追憶の 彼方に聞こえる 銃の音         板橋幸広76

老いてなお 真面目に駈ける 戦中派       大平昭67

五十年 軍靴の罪 消えやらず          板橋幸広76

老兵の 散歩いつしか 一、二、三        津久家重吉91

半生記 経っても小骨 まだ抜けず        大澤正慶73

老兵は 点滴二十日 苦にもせず         相原勝美75

ヒロシマの 喪章が揺れる 五十年        佐藤喜一75

白旗に 命守られ 生還し            佐藤春男 76

白鳥に シベリヤ便り 託す霊          山内和雄77

物置に 飯盒(はんごう)眠って 半世紀     佐藤春男76

敗戦の 罪を背負って 孤児帰る         板橋幸広77

戦友の 残したものは 謎だらけ         佐藤春男76

国軍が 事後報告で 死ねますか         井上誠一72

戦記書く ジャンルの狭い 青春賦        藤島勇雄77

聖戦と 云われて逝きし 人悼む         佐藤晋一82

バケツリレー せせら笑った 焼夷弾       渡辺芳夫75

軍歌聞く 窓の高さに 背伸びする        佐藤春男76

下駄箱に 軍靴眠って 五十余年         佐藤春男76

検査有り 昔兵役 今介護            植野静夫75

忌まわしい 過去思い出す 十字星        板橋幸広78

(ラジオ)深夜便 アコ(ーデオン)の音いとし 戦中歌 石垣礼子70

戦友会 言葉死語でも 風化せず         佐藤春男76

第3章【旅】

湯気の中 幸せばかりの 話し声         中野春子70

鈍行で のんびり温(ぬく)い 北の旅      板橋幸広

唄踊り 温泉宿で 芸を見せ           山田静子

湯地湯へ 孫も連れ行く フルムーン       大塚紅太郎71

盆踊り 老いの手振りの あざやかさ       佐藤健三72

空っぽの 乳房遊ばせ 露天風呂         佐藤喜一74

景色より 土産気にする フルムーン       大澤正慶 74

夫婦旅 写真の横に 一句添え          今野昭夫70

即興の 踊りで飾る 旅の宿           笹原愛子76

国訛り やすらぎ誘う 湯気の客         中野春子71

老夫婦 小さな旅は 墓参り           庄子衛子79

よく食べて よく寝るだけの フルムーン     庄子衛子79

第4章【世界一かわいい孫】

甲子園 夢見る孫が 頼もしい          高沢照夫71

初孫に 小指にぎられ 朝散歩          相良通夫69

孫やった 新聞配達 初給料           今野昭夫71

無料パス 孫の荷物を 運ばされ         高沢照夫72

老の目に 涙あふれる 孫の文          山部ヤス89

三輪車 孫にせがまれ 乗るこわさ        赤間好子75

孫が来て 老いの茶の間が 笑いだし       田林豊治郎84

チャンネルを がらりと替える 孫がくる     大澤正慶74

孤立する 頑固親父は 孫に媚び         宮坂正73

孫の声 三日聞かずば 電話かけ         鈴木春雄 

孫が来て お馬にされて 年を知り        津久家重吉92

孫帰り 待ってたように 針と灸         小白正敏67

新学期 孫の入園 じいも行く          弓田利男73

十五日 孫も知ってる 年金日          小白正敏67

試運転 孫にひかれた おじいちゃん       佐藤喜一74

孫といる 暮らし王様 おまえだよ       庄子義男

孫からの 手紙眼鏡 かけなおし         山部ヤス88

おれに似た 孫の短所に 甘んじる        佐藤健三72

ひ孫には 何て呼ばせよ なやむなり       海老名一江69

牛乳を 孫にオヤツと 飲まされる        山田静子75

定年で 増える孫との 交際費          大塚紅太郎71

お年玉 孫は金額 先に読む           弓田利男73

内孫に 年金のすね かじられる         佐藤恒朗69

楽じゃない ひ孫の相手 糸電話         津久家重吉91

投身の ピカチュー抱いて 寝てる孫       赤間好子75

ピッカピカ 足がついてる ランドセル      三浦和 70

今宵冴え 孫の手忙し 代筆屋          相原勝美76

孫と指 からませゆっくり 老いの道       赤松謹二73

おじいちゃん いつまで生きると 孫が聞く    三浦 和71

ゆかた着せ うきうき孫と 踊りの輪       山田静子75

孫に会う 財布の中身 確かめて         会田昭夫 70

笑わない 孫に汗かく 百面相          小白正敏67

ビッグバン どんな車と 孫がきく        小白正敏67

じじの背を 信じ切ってる 孫寝顔        針生 稔68

お年玉 年金貯めて 孫を待つ          大塚光太72

笑栗を 見上げる孫も 口をあけ         赤間好子 75

爺婆は 孫の力で 長生きし           吉田征四郎60

別れ際 孫の投げキッス 手で受ける       弓田利男74

逆風に 落ちてくれるな 孫の凧         氏家さゆき70

孫の夢 昔大臣 今大工             高沢照夫73

孫の手を 背中にあてて ついうとり       谷井啓二67

第5章【ゴッドファーザーの激怒】

断層(CT)で 写し出せぬか 腹黒さ      吉田遼

インドでの 核実験は 許さない         齋藤誠84

永田町 誰がやっても 同じなり         山部ヤス88

七桁の 番号増やす 筆不精           高沢照夫71

無担保で 僕も借りたい 億の金         福田修73

渡し債 三途の川も 消費税           吉田遼73

悪いこと しなきゃ損だ と言う政治       大平昭67

やっとこさ 貯めたお金の 不妊症        東海四四二83

猛毒の たばこの税が 国づくり         佐藤健三72

鑑定に 値踏みさせたい 議員おり        吉田遼

やりくりの コツを総理に 教えたい       氏家さゆき70

九条は 削除せぬ間に 風化する         赤松謹二73

治癒力に 頼るほかない 医療制度        南雅子58

付き添いの 全廃ヤミを 頼むだけ        福田修73

高齢化 生きるも死ぬも 役人次第        片倉正光74

老人を コケにするな 福祉策          吉田遼73

アメリカの 峰打ち受ける 国日本        福田修74

国連の 無能を知った 核実験          大平 昭 68

天下り 税金かじる 音がする          庄子義男69

現代っ子 優先順位も 何のその         すずきはしめ

日本は 金・金・金と くれて逝く        佐藤晋一81

返す気の ない四島 餌にされ          山本 宏 78

江沢民 云いたいことを 言って去り       板橋幸広77

どこにある 公的資金 湧く泉          東海四四二85

税税と 今年の風邪は 悪性だ          氏家さゆき70

北鮮は テポドン脅し 物せびる         佐藤晋一82

商品券 わしの税金 だっちゅうーの       氏家さゆき70

近代戦 兵より民が メッチャ死ぬ        井上誠一72

第6章 【伴侶あっての人生航路】

●その1 愚痴

使い捨て 出来ぬ亭主と 五十年         大塚紅太郎70

女房より やさしく起こす 終電車        津久家重吉91

亡妻の 遺品他人の ラブレター         高沢照夫72

尻の下 耐えて花咲く 浮世かな         佐藤晋一81

妻の愚痴 愛の言葉と 聞き流し         板橋幸広77

食膳も 箸の進路は 妻が決め          相原勝美75

噛み合わぬ まんま金婚 漕ぎ着ける       大澤正慶74

ボケ防止 夫婦ほどよく 口喧嘩         今井昭二68

心地よく 敷かれています 妻の尻        大澤正慶74

来世なら 予約してます 別の方         吉田遼

別れるに 機会逃して 古女房          吉田遼

一日 何回よいしょ めんどくさ         狩野加容子

婿という 立場苦痛の 五十年          高沢照夫 71

今の妻 紹介したのは 二号さん         片倉正光74

風呂入る めし寝る起きる これ会話       氏家さゆき70

妻リアル 僕のロマンと すれ違い        渡辺芳夫75

●その2 感謝

うちわ振る 湯上がり妻の 若さかな       会田昭夫69

羅針盤 妻に任せて 趣味に生き         大平昭67

老夫婦 散歩に行くか 愛言葉          氏家さゆき69

お互いに ネジ巻き合って 老いの坂      東海四四二84

手をひかれ 手をとり上る 寺の坂       赤松謹二73

結ばれて 泣いて笑って 五十年 

ビッグバン 妻才能を 発揮する         高沢照夫 71

添いとげて ぽつんと唄う 想婦恋        佐佐木久男74

アルバムに 妻を見直し 笑みうかべ       小泉満64

子はゴルフ 孫はゲームで 妻無口        赤松謹二73

幸せは 七十になって 夫婦旅          今井昭二

万歩計 夫唱婦随の 頼もしさ          佐藤健三72

告知後の 残り灯惜しむ 若い妻         吉田遼74

老妻の お酎で湯治 宿暮れる          今野昭夫70

杖となる 愛妻ありて 今日も生き        会田昭夫69

顔色で わかる夫婦の 心電図          大澤正慶74

死ぬならば 一緒に逝くと 妻の云う       佐藤晋一81

金婚の 感謝妻の 背を流す           相原勝美76

ほめ言葉 あしたあしたで 古希となる      会田昭夫69

フルムーン 添い寝の妻の しわ哀れ       宮坂正

妻と行く ラドンの楽しみ 生ビール       今野昭夫70

金婚に 妻の膝抱き 笑むるわれ         相原勝美76

重い荷は 妻に残して 痴呆症          赤松謹二73

羅針盤 持たぬ老後の 夫婦舟          佐藤喜一74

老いてなお 夫婦喧嘩の 出来る幸        大塚紅太郎71

テレビから 健康法を 妻が変え         高沢照夫71

七坂を 越えた夫婦に ある絆          菊地鶴一74

退院し 二人の家よ この味よ          松本すい子69

妻があり 子もありてなお 老い孤独       大平昭67

金婚の 二人をつつむ 風無色          赤松謹二73

残り火を 妻はひそかに 掘り起こし       菊池鶴一74

わが影に 妻のも重なり 離れずに       相原勝美76

新築へ 段差なくして 親を呼び         大塚紅太郎70

姿見に 貴方のせいと しわかくし       宮坂正

子等離れ 食事貧しく 妻肥る          鈴木春雄 

お前にも 世話をかけたと フルムーン      小白正敏 67

白髪も 気にかけないで 妻出かけ        齋藤 正 

定年後 妻を見直す ことが増え         大平 昭 68

亡き妻を 忍ぶ今宵の 十三夜          井上誠一72

愛妻が おれば今夜も 高いびき         会田昭夫70

天国え 一緒と泣いた 秋の風          すずきはしめ

老いた手を まだまだと 妻握り         齋藤 正73

よく似合う 浴衣旅の夜 妻を褒め        庄子義男69

老い二人 小さな旅は 植木市          小笠原登美子70

なになくも 妻と語らう 幸があり        佐藤健三73

夫婦風呂 背中に若さ 残してる         手塚 廣77

喜寿迎え 余生は妻と 成り行きに        相原勝美77

愛妻の 作ったおにぎり まるい味        吉田征四郎60

第7章 【秘密の長生き法】

●その1 肉体・食事編

ステッキを 振って若さを 取り戻し       板橋幸広76

ボケまいと ダンスカラオケ リフレッシュ   吉田文子62

古希迎え 社交ダンスで 若返る         佐藤健三72

万歩計 付けてあの世を 遠くする        佐藤健三72

湯上がりに 乳房たれるな マッサージ!    海老名一江69

ボケ防ぐ 読書散歩 友作る           浦山清之助72

真夏日に 老いの運動 鎌と草          菊池昭治70

百歳へ 挑むわたしの 万歩計          佐藤喜一74

粗大ゴミ 汚名返しに 庭そうじ         齋藤誠84

リハビリに 通える四肢で よしとする      山本宏

廃車して 路上観察 ボケ防止          菊地昭治71

万歩計 見ながら歩く この辛さ         佐藤善助69

夢買いに 行く足だから 竹を踏む        大澤正慶 74

妻殿は 快食快便 審査員            相原勝美76

粗衣粗食 ボケの付け入る 隙はない       大澤正慶75

掃除機を わきに置きつつ 餅を食い       津久家重吉93

今朝もまた 生きんがためか ペダル踏む     会田昭夫70

●その2 頭脳・精神編

老け込んだ 脳を川柳 ノックする        南雅子58

川柳で 若さ戻りし 妻恋し           会田昭夫69

趣味多忙 お迎えなんぞ 寄せつけず       東海四四二84

長生きの ためのジョークは 止められぬ     大平昭67

カラオケは 好きでカンオケ 用はない      佐藤健三72

みのもんた 聞きもらざしと メモをとる    海老名一江69

家計簿を 真面目につけて ボケ防止       小笠原登美子70

脳のさび 落として出向く 老人会        大平昭67

生き上手 笑い袋を 持ってます         庄子義男69

好奇心 強い人ほど 若返る           田林豊次郎76

長生きは 一病持って 良しとする        堀籠章66

わらべうた そのぬくもりで 今日も生き    赤間好子76

幸せに 老いたく神仏 信じます        大平 昭69

●その3 恋・おしゃれ編

美容院 おばさんスタイル 意に反し       南雅子

一度だけ 人に言えない 恋したい        福田修74

古希近し ラブストーリーの 幕あけだ     海老名一江69

夢だもの わかっていても また並ぶ       狩野加容子75

美しく 老いたしと 希う冬鏡          氏家さゆき69

ときめきは 老いも若きも 無制限        吉田文子 62

髪染めて 若い気分で 街に出る         佐藤善助69

老いてなほ 食後に直す コンパクト       手塚 廣76

じじ臭と 延びたる眉毛 切る亭主        中野春子70

ついてくる バアちゃん影よ 背を伸ばせ    内海秀子69

ピチピチよ おハダじゃないわ 元気だよ    氏家さゆき70

早老と 言われたくない 身だしなみ       吉田文子 

●その4 気概・その他

さし木して 花を見るまで 生きてやる      内海秀子69

あの夢を もう一度と 床につく         小泉満64

老いてまた 若くなりたい 夢ばかり       菊地昭治

枕辺の メガネに明日の 夢託し         浅野三夫80

虹つかむ 気概 年齢 考えず          大平昭68

おきざりに した夢さがす 老の杖        赤松謹二73

生きている 証(あかし)年賀を 墨で書く   村山茂70

自叙伝に ピリオドだけは 取っておく      佐佐木久男

明日よりも 今日懸命に 生きる老い       田林豊治郎87

また会うぞ 鏡の顔に 元気でな         相原勝美76

どう生きる 己に迫る 夜が長い         大平 昭68

昭和史は 忘れ明日に いきる老         板橋幸広77

ろうそくの 燃え切るときは 輝かす       佐藤健三73

無料パス あと一年だ がんばろう        内海秀子69

よみがえれ ペットボトルも リサイクル    吉田征四郎60

年新た トリプルジャンプ 模索する       佐佐木久男74

シャクナゲの 二度咲き見ては 我もと思う   小泉 満65

若者に まだまだ負けん 口の先         佐藤善助69

古女房 負けてたまるか 大いびき        中野春子70

まあだだよ 今日も生きてる 老夫婦       福田 修74

皮財布 中身がなくても 持ち歩く        弓田利男73

趣味多く 老人会を 蹴る頑固          高沢照夫 72

週刊誌 買わずバンクで 読みあさり       針生 稔 68

ステッキを 振って残り火 燃やす老       板橋幸広 77

おみくじの 「吉」を信じて 今日も無事    三浦 和71

犬散歩 三寒厭わぬ 老いの意地         佐藤善助69

夢見てる 年金貯めて 月旅行          小白正敏68

救急車 三回乗って 長生きし          高沢照夫73

八十路坂 夢織りつなぎ 今日生きる       佐藤喜一76

第8章 【嫁姑の確執】

金星の 嫁の来る日は 肩がこる         阿部孜62

嫁いびる 孫を自慢の 立ち話          会田昭夫68

抱き癖が 姑のせいだと 嫁の愚痴        大塚紅太郎71

鬼の嫁 老人ホーム 資料取り          高沢照夫71

寿命伸び 隣も嫁と 溝が出来          大塚紅太郎71

同居して 笑顔わすれた 嫁姑          大塚紅太郎71

底抜けに 明るい嫁で 救われる         佐藤喜一74

遺言書 ひらひら嫁を 操縦し          高沢照夫72

嫁姑 言い合いあるうち ボケは来ず       高橋澄子78

第9章【エトセトラ】

譲られた 席へ素早く サングラス        高沢照夫 72

台風が 三途の川止め 命拾い          津久家重吉91

ゆずられた 座席はなぜか 遠慮がち       佐藤善助68

定年後 テレビにはまる 時間表         南雅子

あの時は ああだこうだと 老の口        赤松謹二73

大好きな サブちゃん演歌が 子守歌       狩野加容子76

釣りキチは 三途の川でも 竿を振る       早坂鬼六

貸し借りが なくて師走の 気分出ず       津久家重吉91

ビートルズ メロデーについ 手足なる      海老名一江 69

甲子園 テレビの中は 若い夏          南 雅子 

カラーより 古いモノクロ 宝もの        藤島勇雄76

散歩道 ポストに一礼 便り待つ         吉田征四郎 60

返らざる 時を刻むや 置き時計         赤間好子 75

法話の座 ゆっくり命 咀嚼そしゃくする     大平 昭68

カーソルが 過去のこだわり 消している     南 雅子 

取り外し できる便利な 歯を磨く        大塚光太72

負けん気か シルバー卓球 目を見はる      すずきはしめ

忘れたと とぼけ上手の 処世術         浅野三夫80

それからは 泣くこと忘れ 介護日々       松本すい子69

雲へ乗る心地楽しい 無料パス          庄子義男70

朝刊の 隅から拾う 善の玉           大澤正慶75

ネオン街 カラスも遊ぶ いいところ       大塚光太72

振興券 三大珍味 喰い歩き           高沢照夫73

死生観 ドナーカードに 試される        三浦 和71

通院も 五回目からは 気が軽い         高橋澄子78

この日本 花咲か爺 きっと居る         大平 昭69

セールスの 電話に歳を 多く云う        山路久世74

お墓いま 仏も楽し デザイン化         藤島勇雄77

老しらず 趣味の教室 花盛り          手塚 廣77

留守電も ケイタイも無く 恙なし        三浦 和72

黒喪服 しまう間もなく また出番        岐部栄子75

コンビニに あるもので足る 二人きり      東海四四二85

第10章 【親兄弟への想い】

わがままが 言える実家の 古たたみ       佐藤喜一74

一途な愛 母は打算の 外に住む         吉田遼73

古たんす 母の香あり 捨てられず        佐藤健三72

宅急便 古郷(さと)の香りが 部屋に満ち   山部ヤス88

もう一度 古里訪問 したいなあ         狩野加容子

汗にじむ 野良着築いた 父の城         佐藤喜一74

夢に見る 故郷の廃家 駐車場          斉藤実62

また来てね 一言のこし 姉は逝き        庄子衛子78

亡き母も この夕焼けを 見てるかな       赤間好子75

正月や 蜜柑を分けた 母の顔          菊地昭治70

亡き母に 聖なる娘らの カーネーション    すずきはしめ

初盆だ 姉に逢えると 四苦八苦         庄子衛子 78

亡母の気を 分けてもらいに 盆の入り      南 雅子 

兄弟会 親よみがえり 膳に花         庄子衛子 78

栗ご飯 炊いて母親 忍ぶ頃           氏家さゆき70

父母写真 五十年過ぎて 若く見え        藤島勇雄76

喜寿迎え 母の味慕う 味噌おでん        山田静子77

ぞうきんの 運針のあと 母想う         手塚 廣77

うば捨てと 施設なじった 亡母(はは)の声   吉田 遼75

逆境に 生きても母の 笑いぐせ         田林豊治郎87

第11章【渇!】

教室で くすりナイフの 展示会         三浦和70

赤信号 一番守る 幼稚園            田林豊治郎85

街中が ファッション馬鹿の 世と成りぬ    佐藤恒朗69

いま少し マナーが欲しい バスの旅       佐藤善助69

スポーツの 時だけ顔出す 日の丸旗       三浦和71

遂に出た セクハラ保険 世も末期        渡辺嶺71

若者の ポイ捨てシニア 片づける        佐藤健三72

舌ピアス とけないアメが 痛かろう       南雅子

ゴミ置き場 良心までが 捨ててある       佐藤善助68

食べ残し 四割国に ある奢り          福田修73

紅白は 世の暗さ 知らぬふり          田林豊次郎86

クローンかも 今の小娘 同じ顔         東海四四二84

紙オムツ その分親は 子別れよ         片倉政子67

免許証 増やし縁談 耳貸さず          高沢照夫73

非常識 常識よりも 勝る今           すずきはしめ

検討と 善処が何も してくれず         大平 昭69

新成人 徴兵もなく B・アンビシャス      藤島勇雄77

縦割りの 数値違いの ダイオキシン       福田 修74

ピル解禁 もう駄目だわな 子が増えず      吉田 遼75

第12章 【歓喜】

●その1 健康の喜び

嬉しいな 無事にカーテン 開ける朝       狩野加容子

癒す身は 五グラム増えたと 小躍りす      相原勝美76

無事という 日々に一人で 拍手する       庄子義男

ドクターの 笑顔やさしい 往診日        狩野加容子76

健康は 今日も未知へ 誘い出す         庄子義男68

朝めざめ 生きる喜び かみしめる (病床にて) 山部ヤス89

心手術 目ざめて握る 医師の指        井上誠一72

ようやっと 点滴はずれ 自由の身        岐部詠子74

手術して 家族に感謝 生き返り         山田静子75

目の手術 終え見る孫の 顔まぶし        齋藤 正73

病院から 生きる宝 持ち帰り          山田静子 

帯結び 喜寿とは見えぬ 舞扇          手塚 廣77

●その2 遊ぶ喜び

無料パス 何処へ行こうか いい天気       今野昭夫70

旅チラシ あれやこれやと 夢探し        加藤正明71

せい一杯 おしゃべり出来た 嬉しい日      狩野加容子

差し向かい 老いを忘れる 純米酒        会田昭夫68

七十路の 視野が広がる 敬老パス        小笠原登美子70

大の字に ゆっくり伸ばす ああ無職       庄子義男69

昨日より 若さを増した 宿の膳         会田昭夫70

芸達者 若さも競う 新年会           中野春子70

●その3 ときめく喜び

今日だけは 男にされた バレンタイン     田林豊治郎84

逢えそうで ときめく朝の 散歩道        佐藤喜一74

男性より ときめく出会い 山の花        内海秀子69

囲碁大会 子供のように 胸が鳴り        小泉 満65

無料パス 若く見えたか 顔見られ        大塚光太72

若いよと 言われて財布 軽くなり        佐藤善助69

日の丸を 揚げたニュースは あきもせず    吉田遼74

春一番 マリリンモンロー 想い出す       津久家重吉92

第13章【ああ…年金生活】

年金を 貰うと命 惜しくなり          大平昭67

年金の 財布をゆする のし袋          東海四四二83

年金が 見繕ってる 旅プラン          大平昭67

年金が めでたく変わる お年玉         大平昭67

まい朝の チラシを頼る 年金者         菊地昭治70

年金は 増えねど増える しわの数        佐藤健三72

特減税 年金ぐらし 素通りし          松原寿美66

年金の 浮き輪小さい 老いの海         大平昭68

年金で 百まで生きる プランたて        大塚光太72

年金で 元をとったと 死なないで        小白正敏67

年金の 裏も表も ない暮らし          大平 昭68

亡き妻の 年金受けて 老いて行き        山部ヤス89

十五日 今日は威張ろう 年金日         小白正敏67

当世風 カードでふくらむ 空財布        宮坂 正74

折り込みで 行かれぬ旅を したつもり      大平 昭69

火の車 運転している 年金者          氏家さゆき70

半額シール 貼る店員の 後をつけ        氏家さゆき70

バーゲンの チラシに財布 知らぬ顔       板橋幸広78

年金で 飼われ背丈も やや縮み         大澤正慶75

第14章【苦笑】

ネオンの灯 元肩書きが 懐かしみ        高沢照夫 72

万札は 僕の財布に ない暮らし         高沢照夫72

茶髪いや 言った私も 白髪染め         氏家さゆき69

定年で ゴキブリ亭主 なりにけり        会田昭夫68

古日記 うっかり過去を 喋りだし        田林豊治郎85

五十年 煮詰めた過去が 吹きこぼれ       菊池鶴一74

健康具 三日坊主で 錆びている         永田広一

留守電話 なかなか普通に 喋られず       佐藤善助68

独り者 壁に向かって 長話し          田林豊治郎

ときめきも 少しもらった 勘ちがい       大澤正慶74

歳かさね 恥の残高 ばかり増え         内海秀子69

平和とは 親はパチンコ 子はファミコン    早坂喜六

フィルムの 余りで老いも 並ばされ       氏家さゆき70

わが部屋に 似合わぬままの 感謝状       佐藤善助68

年老いて 引き算だけが うまくなる       大平昭68

自分史は 書いたが他人 の事ばかり       津久家重吉92

待ってたは 賞味期限の 切れた女(ひと)   津久家重吉92

夢供養 してます生の ある限り         福田修73

時代劇 欠かさず見入る 齢となり        弓田利男73

渋滞の 先頭気にせず 喜寿天下         藤島勇雄76

矢印に 釣られて曲がる 我が車         菊池昭治70

若き日の 豊乳今は 肩たたき          宮坂正

老夫婦 お茶とトイレで 時過ごし        佐藤健三72

頼んだに コロリ観音 引き取らぬ        吉田遼

初恋の ときめきに似た 心電図         大澤正慶75

古道具 みんな我が家の 文化財        大澤正慶75

病室で スリムになっても 楽しまず       岐部詠子 74

生き延びて 保険満期の はした金        大塚光太72

同居して トイレ電話も 遠慮がち        大塚光太72

ジャイアンツ 負けて晩酌 減らされる      津久家重吉 92

待ち時間 医者を診断 する患者         吉田 遼 74

酒やめて 孫がたしなめ 苦笑い         氏家さゆき70

老い自覚 お呼びがかかる 老クラブ       南 雅子 

赤信号 子に注意され 赤くなり         小白正敏 67

運動会 ピストルのおと 腰抜かす        すずきはしめ

朝帰り 昔は夫 今息子             小白正敏 67

新保険 年を聞かれて 取り消され        佐藤健三73

聞き流す ことにも慣れた 老いの耳       大平 昭68

長寿祝い 過去形だけで ほめられる       藤島勇雄76

ボランティア 受けたい人が ボランティア   すずきはしめ

自分史と 借金残し 父が逝き          高沢照夫72

地獄まで 持って行けない 貯めた金       佐藤善助69

年老いて おしゃべり満点 足0点        吉田文子 

古希すぎて 故障かくせぬ 蝶つがい       大澤正慶75

成人病 若いときから ませていた        藤島勇雄 76

つじつまの 合わぬところは 病にし       藤島勇雄 76

いつ死ぬも いいと言いつつ 薬漬け       大平 昭 68

聞えふり 上手な芸と 子等がほめ        藤島勇雄 76

敬老パス 年には見えず そっと出し       昆 ミサ62

人生観 変わる戻って 来た財布        大平 昭69

叱ったら 「気にしてません」と いたわられ   氏家さゆき70

定年で 妻にエプロン 渡される        小白正敏67

歌自慢 多くて司会 また苦労          長井一郎76

風邪声の 低音魅力 若い内           相原勝美77

不況風 老妻(つま)の口数 多くなり      板橋幸広78 

H本 はんらん平和 だと思う          大塚光太72

いい年の 娘に説教 ききめなし         齋藤 誠84

電話帳 載せてないけど 生きてます       大平 昭69

病む人が なくなりそうな 健康誌       手塚 廣77

本当に この薬効くのと 首かしげ        山田静子77

週刊誌 ヌードとデカパイ はばきかす      大場貞助72

再検査 言われただけで 痛み出す        麻生角馬72

老眼鏡 かけてびっくり 部屋のゴミ       氏家さゆき70

寿しコース あがりは水で 薬のむ        手塚 廣77

不景気で 金庫にされる 老夫婦         会田昭夫70

一本の ビール夫婦で もてあまし        庄子衛子79

欲しいもの 無いのに何故か チラシ見る    長井一郎77

鯉のぼり 失業の婿殿 見上げてる        石垣礼子70

連休で シルバー席に 子が並び        小笠原登美子70

履歴書に 老荘大卒 とはかけず         大塚光太72

第15章【素晴らしき仲間】

●その1 友

クラス会 出世の友に 酒注がず         高沢照夫72

友あって 六十路の幸を かみしめる       大平昭68

ガン消えて 友がバンザイ 我れ躍る       藤島勇雄76

ボケるなよ 俺とお前は 同じ年         今井昭二69

クラス会 ブランド武装で 一番のり       津久家重吉91

年老いて 親しき友も 賀状だけ         赤間好子74

友逝けど 木戸銭足らず 我れ逝けず       会田昭夫69

焼香の 遺影が叫ぶ 金返せ           高沢照夫72

お隣と 小皿行き交う 湯治の宿         今野昭夫70

厚化粧 チャンと呼び合う クラス会       中野春子

一升を 提げて悪友 見舞いに来         大塚光太72

痛みなく 逝きたし朋を 見舞する        佐藤晋一81

同級会 赤字は出世頭うめ            大平 昭 68

初盆や デカ声友の 戦記読む          藤島勇雄 76

幸せの 顔が揃った クラス会          大塚光太72

久方の 友とカクテル 杯すすむ         海老名一江 69

悪友が 顔見せ禁酒 先送り           佐藤健三 73

投句人 まだ見ぬ顔でも 旧き友         相原勝美 76

亡き友の 墓石数えて 秋彼岸          山内和雄 77

思い出を 酒のさかなに 同級会         針生 稔68

クラス会 幸福背負い 杖ついて         庄子衛子78

良き友は 身体にいい 栄養素          吉田文子 

ゴミ同志 自慢ばなしの 同期会         会田昭夫70

生きている 証の年賀 数が減り         佐藤健三73

同級会 しゃべりまくって 笑いジワ       齋藤 正73

遠き友 声のはげまし 涙ぐむ          海老名一江69

生き甲斐は 通院先で 友づくり         高沢照夫73

金いらず 友と歩けて 元気なり         植野静夫 

友逝きし カイロしのばせ 式場へ        岐部栄子75

退院の 土産は戦友 出来たこと         麻生角馬71

茶飲む度 友よみがえり 泣き笑い        庄子衛子79

日溜まりに 温もり求め 杖をつく        板橋幸広78

日溜まりに 枯れた同志の 恋自慢        東海四四二85

同期会 去年と同じ 愚痴ばかり         佐藤善助69

●その2 恋人・愛犬・老人クラブ・ヘルパー・ボランティア・教え子・他

頑張れと 今は教え子 らに言われ        大澤正慶73

アイラブユウ 今でも君に アイラブユウ    今井昭二 69

病い癒え 貴方と見たい 旅の空         生出きよ子67

吾が心 愛犬のみが 良くわかる         佐藤晋一 81

ボランティア 人情いまだ 地に落ちず      板橋幸広

愛犬に 才追いつかれ 情がまし         中野春子70

老人会 そろって神社 掃除して         佐藤ウタ子78

六十九 老クに誘われ 苦笑い          内海秀子69

シルバーの 落ち葉集める 顔光り        齋藤 正73

ひとり居に ホームヘルパー 灯を点す      東海四四二83

一人より ホームに入り 若くなり        山部ヤス88

若ナース すてきな人と 幸せに         齋藤 正 

ありがとう 心がはずむ ボランティア      相良通夫69

犬猫の 目のやさしさに なごむ老        平山千恵

病名を 隠し看護に ある笑顔          大塚光太72

みんな歳 痛み聞き合う 大浴場         今野昭夫70

あいさつは 若いですねの 同世代        大平昭67

同病は アッという間に 話合う         狩野加容子

妻よりも 荒く親しく 話すナース        麻生角馬71

草むしり 嫁と姑の 背中みち          大友ひろ71

第16章【忍び寄る夕暮れ】

ボケたまま 長生きしても いいですか      大平 昭 68

納豆を 食えぬ薬で うらめしい         佐藤健三72

スケジュール 神経痛が 先取りし        南雅子58

体力の 落ちた分だけ よく喋り         古田正吉72

ボランティア したつもりが 介護され      南雅子

フルムーン デザートがわりに 薬持ち      大澤正慶74

痛いのは 生きてる証拠の 注射針        佐藤健三73

黙々と 錠剤かぞえ 飲む惰性          佐佐木久男74

水たまり またぎそこねて 老いを知る      佐藤健三72

ロボットに 介護されてる 日の悪夢       東海義治83

臨終の 境までみた ガン手術          相原勝美75

白髪染め 心の老いは 隠せない         会田昭夫68

若い気で いるのに席を ゆずられる       大塚紅太郎71

お灸据え 余命を計る 老いの身さ       相原勝美 76

寝もやらず 枕辺に座す 深病い         藤倉健仁66

独り居に 刻む時計の 音さびし         大石敏子84

難聴で 世間だんだん 狭くなる         大澤正慶75

自分への 弔辞練ってる 夜の不眠        大平 昭68

年ごとに 忌中が減らす 年賀状         三浦 和71

老いの身に インフルエンザ 遠慮なし      庄子衛子79

逝く時は 納棺忘れず 入れ歯もな        相原勝美77

待ちかねた 春一番に とばされる        昆 ミサ63

一線を 超えたいけれど 歳と金         庄子義男70

寝たきりの 夢に朝まで ぐっすりと       庄子義男70

体調を 崩せば欲も 得もなし          伊勢武子 

あきらめて 鏡を変えて 化粧する        田林豊治郎87

第17章 【歳月の流れ】

アルバムに 夢一杯の 俺がいる         田林豊治郎85

過ぎ来しを 朝のドラマに 重ね見る       村松瑞子

退職の 記念時計も 二昔            狩野加容子

日記帳 余白を残した 日の平和         田林豊治郎

花びらで 首輪した頃 思い出し         小田常子

古傷も 年を重ねて 懐かしい          福田修74

忘れない 海水すすぐ カキうまさ        齋藤 正73

麦踏んだ 往時を偲んで 竹を踏む       佐藤健三73

花吹雪 場所取りやった 懐かしさ        南 雅子60

国民服 フレッシュに見えた 遠い過去      藤島勇雄77

行列は むかし食糧 いまレジャー        東海四四二85

第18章【達観の境地】

冷酒と 親の意見は 後で効く          佐藤善助69

来てみれば 古希もそんなに 悪くない      会田昭夫69

老いて見た 若い女性は みな美人        片山潤

名医とは 患者が選ぶ 口コミで         藤島勇雄76

爪だけが ゆっくり伸びて ゆく長寿       大塚光太72

懐メロで 干潮の海 満ちてくる         大澤正慶74

老いて知る 静かな日々の 思いやり       平山千恵

老いて聞く 演歌の心 身にしみて        片山潤

年老いて 頑固と丸味 絡み合い         田林豊治郎86

死ありて 生あるものの 尊さよ         佐藤晋一80

地獄から 抜けた晩年 又地獄          吉田遼74

一枚を 剥ぐ逃げ道の ない暦          大澤正慶75

見栄捨てた 日から太陽 ついて来る      大平昭67

梅干しも 婆にならなきゃ 味が出ず       津久家重吉91

ひたすらに 超えて見渡す 浮世かな       笹原愛子76

露天風呂 地位も名誉も 湯気の中        大澤正慶75

遺産など 有るから緩む 血のきずな       東海四四二85

健康で あれば笑顔も 自然体          長井一郎77

矢が尽きて 本当の自分 取り戻す        大澤正慶75

第19章 【寂しさとの語らい】

介護より 老婆すがるは コロリ寺       吉田遼73

結局は 一人となって ウサギ小屋        高沢照夫71

さびしさの 分かる枕に フリルつけ       内海秀子69

花冷えの 心寂しく 夜の雨           吉田文子62

誰が為 化粧するのと 聞く鏡          吉田遼73

朝刊の 黒枠意にする 歳となる         相原勝美76

喪中増え 年賀が減って やるせない       佐藤健三 72

遺産ない 私は感謝の 手紙だけ         狩野加容子76

行き止まり しりつつ急ぐ 老の足        赤松謹二73

今日生きた 残り時間が 分からない       福田修73

気にかかる カラスの鳴き声 病める身は    山部ヤス88

枕辺に ニトロをおいて 床に入り        山部ヤス89

病窓に 古木のけやき たくましく        藤島勇雄76

調理場で 付添涙 そっと拭き          高沢照夫72

いつまでも 握ってほしい 老いの手を      菊池昭治70

旅行地図 不要となって 捨てる頃        弓田利男74

身辺の 整理なかなか つきもせず        狩野加容子76

若き日の 想い出のせて 散る花火        笹原愛子 75

初春に 悲報つづきで 心やみ          海老名一江69

老い一人 一食抜きの 日が続き         高沢照夫73

シルバー川柳、岡山市で花開く!!

中学生の人権教育用の冊子に15句が抜擢!!

 毎月たくさんの投稿をいただいているシルバー川柳が、またしても快挙を成し遂げました。
 2年前には、一冊の本になって全国の書店にて販売。そして今度は、岡山市教育委員会の目に止まり、今年2月に完成した中学生向けの人権教育の冊子『自分らしく生きる みんなのねがい』(写真左)に15句の川柳が本の中から抜擢されました。金子みすゞ、新川和江といった著名な詩人等と共に、2頁にわたって掲載されました。この冊子は、岡山市全体の中学2年生の保護者に配布され、高齢者や障害者、外国人などに対する理解を深めて偏見や差別を無くそうというものです。遠く離れた岡山市の子供たちが高齢者を理解するうえで、シルバー川柳が大きな役割を担ったわけで、大変光栄なことと喜んでおります。

●掲載句は次の通り
 じじの背を信じ切ってる孫寝顔(針生稔)/茶髪いや言った私も白髪染め(氏家さゆき)/老いの恋好きだと言わず目が語る(庄子義男)/おじいちゃんいつまで生きる孫が聞く(三浦和)/妻リアル僕のロマンとすれ違い(渡辺芳夫)/老夫婦散歩に行くか愛言葉(氏家さゆき)/百歳へ挑むわたしの万歩計(佐藤喜一)/ときめきは老いも若きも無制限(吉田文子)/また会うぞ鏡の顔に元気でな(相原勝美)/忘れたととぼけ上手の処世術(浅野三夫)/長寿祝い過去形だけでほめられる(藤島勇雄)/ボケたまま長生きしてもいいですか(大平昭)/独り居に刻む時計の音さびし(大石敏子)/梅干しも婆にならなきゃ味が出ず(津久家重吉)/若き日の想い出のせて散る花火(笹原愛子)

●『自分らしく生きる みんなのねがい』/岡山市教育委員会人権同和教育室がPTA人権教育研修用の冊子として出版。各人権問題にかかわる詩や川柳を掲載し、中学校で生徒が学習する社会科の教科書記述を加えた内容となっています。

※みやぎシルバーネット 平成15年4月号の記事より